Lunch Box CX
ランチボックスCX

2018年製作。

ワイルドミニ四駆シリーズ「ランチボックス」のカスタムしたレース用マシン。

2017年に製作したレース用マシン「テラスコーチャータイプEvo.2」からスーパーXシャーシを採用したマシンが「サンダーショット・トムキャット」と続きこのマシンに繋がっている。

マシン全体のデザインとしては左右に大きくフェンダーを張り出しフルカウル化させた。
又ボディーカウルの面積の広さを広告として利用し、リリースして間もないCDアルバム「TOMCAT」のジャケットデザインをそのまま屋根に載せた。

性能に関してはテラスコーチャータイプEvo.2からに比べて駆動系の見直しも大幅に行ない、シャーシ強度の見直しや前後カーボン製スライドダンパーの性能のブラッシュアップを図っている。

このレース用ランチボックスがタイプエヴォリューションシリーズに入れなかったのはまだ遊び要素の強いルックスを持たせているからである。

デビューレースは2018年春の大阪スプリング大会。

ローラーセッティングはタミヤ公式2018年特別レギュレーションに基づき、フロントスタビの上部にもローラーを設けた全8個のセッティング。

リヤの制振機構はミニ四駆キャッチャーを切り出したキャッチャーダンパー。
屋根には猫のイラストが載せてあるので、その尻尾になるように丸型マスダンパーの輪郭に合わせてキャッチャー部分もカットした。
キャッチャーダンパーにドレスアップとして貼ってあるのは昔ゼロシャーシを使われたアスチュートJr.リミテッドの付属ステッカー。

 

ボディーカウルの全高も腰高い感じにならない位置まで下げている。

ランチボックスCXのフロント提灯機構。
サイドスカートと分割される提灯構造はテラスコーチャータイプEvo.2と同様。
カーボン製サイドマスダン受けは前後にスライド調節が可能に設計してあるので、マスダンのサイズやその搭載位置の調節が可能である。

塗装前のボディーカウルとサイドスカート。
ランチボックスの基の黄色いプラ材は殆どフレーム状になりシルエット軽量化技法にてカウル形状を構築させた。
フレームの裏側もピンバイスを使い貫通手前まで彫る寸止め軽量化を施している。

   

ボディーカウルの重量。

サイドスカートも含めた電池抜き重量。

 

ワイルドミニ四駆のボディーカスタムとしては約4年ぶりになったランチボックスCX。
その4年前のマシンが後ろに写る2台。これら3台全てがスーパーXシャーシ仕様のレース用マシンです。

Back to Top

inserted by FC2 system